知っておきたいノコギリヤシの知識|ノコギリヤシ

ノコギリヤシって何?

ノコギリヤシとは植物のヤシの一種で、葉の部分がノコギリの刃のような形状をしていることからその名で呼ばれています。

原産地は北アメリカ南部で海岸部の周辺部に自生して、大西洋やメキシコ湾沿岸などに多く分布しており、フロリダ州でとくに多く栽培されています。

ノコギリヤシには様々な効果が期待されていますが、その成分にはどのようなものが含まれているのでしょうか。

純粋なノコギリヤシの成分を調べてみると、β-シトステロール、オクタコサノール、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸などをはじめ、様々な身体に有効な物質が含まれていることが分かります。

β-シトステロールは植物ステロールの一種で、前立腺の肥大を抑える働きをし、尿道の圧迫を抑え、頻尿や残尿感などの排尿障害の改善効果が期待されています。

またアメリカでは抜け毛や薄毛の予防・改善効果がある成分としても注目を浴びています。

オクタコサノールは飽和アルコールの一種で、エネルギー生産量を増やし体力強化や疲労回復などの作用を及ぼすもので、男性機能の回復に関係しているものとして理解されています。

またオレイン酸、リノール酸、リノレン酸などはその名を聞いたことがある方も多いかと思いますが、身近な所では食用油に多く添加されています。

いずれも血液がサラサラ、脂肪が溜まりにくい、コレステロール値を下げるなどといった効果が一般的ですね。

気になるノコギリヤシの副作用は?

ノコギリヤシで気になることのひとつに副作用があります。

副作用にはどのようなものがあるか、副作用を回避するにはどうしたら良いか、といった点は知識として押さえておいた方が良いと言えます。

では実際のところ、何か問題は発生しているのでしょうか。

これまでノコギリヤシのサプリメントに関係する健康被害の報告は1件も寄せられていなく、安全性が高いことが判明しています。

もともと現地では薬草としてだけではなく食用としても長い間使われてきたため、通常の使用範囲内では副作用など無いことが判明しています。

ただ、このように身体に有用な成分も過剰に摂取すると問題を引き起こす場合もあります。

サプリメントとしてよく販売されているビタミンCも、規定量なら肌をキレイにする効果がありますが、過剰に摂取すると肌をボロボロにしてしまいますから、用法用量を守るということは大変に重要になります。

ノコギリヤシのサプリメントも、その説明書を開いてみますと1日あたりの用量が記載されていますので、しっかりとその範囲内で収めることが大切です。

たとえ目に見える効果が無くても、体の内部では様々な変化が起きている場合もありますから、用量以上のノコギリヤシを摂取するという行為は控えるべきだといえます。

ノコギリヤシのサプリメント

ノコギリヤシのサプリメントは人気を徐々に高めていき、現在ではネットで検索を掛けると様々な種類のものを見ることができます。

ただこのようにあまりにたくさんの種類があると、どれを選べばよいものか分かりづらいと言えますね。

購入する際にはどのような点にポイントをおいて選べばよいのでしょうか。

パッケージに大きく「ノコギリヤシ」と表記されていても、説明書きにはそれぞれ“滋養強壮、健康維持”などとかかれていますので、それぞれ求める所により商品を選べば良いといえます。

またこうしたサプリメントは、それぞれノコギリヤシに併せて他の成分を含ませている場合が多くあります。

例えば“滋養強壮、健康維持”などを目的としたものであれば、ビタミン類を含ませたものもありますし、単に「ノコギリヤシ」の成分だけでなく、その他有用な成分も合わせて摂取できるので至れり尽くせりですね。

またサプリメントを発売している会社は、これまでは中小の会社が多かったのですが、今では誰もが名前を知るような大手の会社も多数進出しており、選択肢は非常に増えてきました。

「知っておきたいノコギリヤシの知識」の更新情報